2020/08/07 13:08

聡窯日誌 vol.10「眠る風景たち」

少し久しぶりの聡窯日誌です。やっと長かった梅雨が明けた!と思ったときには、もう8月。今年は日本中でいつもと違う夏を過ごすことになりそうですが、現状を受け入れながら2020年の夏の風景を心身に焼き付けて...

2020/07/17 11:25

聡窯日誌 vol.9「茶サビ鉄仙」

聡窯ブランドの鉄仙シリーズに、新色の茶サビ、アイテムにそば猪口が加わりました!色の濃淡が出やすい茶色の絵具(茶サビ)を使い、手描きで丁寧に描くことで、鉄仙の表情をより感じられる商品になりました。そ...

2020/07/10 11:22

聡窯日誌 vol.8「飯碗の原風景」

九州地方や中部地方など広範囲に甚大な被害が発生しています。被災された方にお見舞いを申し上げるとともに、最前線で救援救護活動を担っている皆様に敬意を表します。3日から降り続いている大雨。昨日、気象庁...

2020/07/03 14:08

聡窯日誌 vol.7「ひっそりと紫陽花」

7月に入り、2020年の下半期がスタートしましたが、まだ梅雨が明けそうにないですね。今日は本焼成の窯を焚いています。焼き物は1300℃近い熱で焼き上げることで、しっかりと焼きしまってかんせいするので...

2020/06/26 14:38

聡窯日誌 vol.6「釉薬プール」

昨日から今朝まで、九州北部では大雨が降り続いていましたが、お昼過ぎには雲の隙間から青空とお日様が見えてきました。しばらく雨の日は続きそうですが…6月も残りわずか。梅雨明けの暑さがやって来る!と想像し...

2020/06/19 10:10

聡窯日誌 vol.5「線刻、黙々と…」

有田焼と聞くと、筆で絵付けをした食器や絵皿…というイメージを思い浮かべる方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。聡窯では食器はもちろん、代々陶板を多く作陶してきました。その時に欠かせない技法が「線...

2020/06/11 16:07

聡窯日誌 vol.4「偶然のかぎしっぽ」

鉄仙のモチーフと新しいアイデアをかけ合わせてみたい!ということで、新しいソバ猪口の図案を考えてました。色んな意見を聞きながら、ひとまず図案(仮)が完成。早速サンプルのソバ猪口に線刻を入れて、素焼きの...

2020/06/05 14:10

聡窯日誌 vol.3「土と汗まみれ」

ジメッとした暑い日のロクロ作業。大きい作品は土台と側面を分けて成形していきます。なんと、使用する土の重さは土台で7㎏、側面で18㎏…! 合わせて5㎏のお米5袋分。集中力と体力が奪われそうになりながらも...

2020/05/29 15:00

聡窯日誌 vol.2 「色を探して」

新しい絵具を探しに、絵具屋さんを訪ねました。今回選んだ色は、赤、スミ茶、茶錆の3色。聡窯では、鮮やかな青色の絵具を使用することが多かったのですが、前回お話しした鉄仙シリーズの色違いや、今後の新しい...

2020/05/22 10:13

聡窯日誌 vol.1 「変わっていく花」

春になると工房に咲く鉄仙。それをモチーフに描いた器は、聡窯のロングセラーとなり、今年のWEB有田陶器市でも人気でした。当初からデザインは変わってませんが、これから先、もっと長く愛され、続いていく作品に...

2020/05/08 11:01

【WEB有田陶器市】ご来場の御礼

この度、WEB有田陶器市ではたくさんの方々にご来場の上お買い上げを賜り、誠にありがとうございました。お陰様で好評の中、無事に終了することができました。日本の産業・国民が新型コロナウィルスの影響で苦しん...